ニコレットを活用して禁煙に挑みませんか?ニコレットは禁煙時のイライラを解消してニコチンを放出してくれます。正しく噛んで禁煙を成功させましょう!

手で潰されるタバコ
  • ホーム
  • 外国で考案の受容体作用による禁煙補助薬ニコレット

外国で考案の受容体作用による禁煙補助薬ニコレット

たくさんのライター

ニコレットは、1960年代の後半に外国で考案されたニコチン置換療法の理念に沿って誕生した禁煙補助薬で、脳内の受容体へのニコチンの作用を利用することにより、スムーズな禁煙を実現します。
日本では、1990年代に医療用禁煙補助剤として上市された後に、2001年には一般用医薬品としての販売がスタートしています。

なお、ニコチン置換療法とは元々は潜水艦の乗組員の航海中の禁断症状を緩和することが目的であり、苦痛を緩和すると共に作業効率を落とさない等のトータルで工夫が施されています。
これは、ニコチンが脳内のアセチルコリン受容体に作用することでドーパミンを分泌するというリラックス効果を得られる半面、受容体が空になるにつれて不快物質のノルアドレナリンが分泌されるという作用機序から考慮した内容です。

つまり、ニコレットによりニコチンを補給することで、アセチルコリン受容体が空になることはないので、当然ノルアドレナリンが分泌されることはありません。
このために、禁断症状に見舞われる小tなく、たばこから離れることが可能となります。
潜水艦という密閉された空間の中で、たばこの煙を排出するということは命取りにつながります。
この極限状態の中で、煙を出さずにニコチンを補給する不法として考え出されたのが、ニコチン置換療法です。

この禁煙方法をベースとしたニコレットは、当然煙を出さないので、タールや一酸化炭素などの有害物質を生産することはありません。
このために、たばこからニコレットに替えた時点で、既に健康にはプラスの効果を得ていることになります。
そして、最終的にはニコレットもやめてしまうので、ニコチンの呪縛からも解き放たれることになります。

関連記事