ニコレットを活用して禁煙に挑みませんか?ニコレットは禁煙時のイライラを解消してニコチンを放出してくれます。正しく噛んで禁煙を成功させましょう!

手で潰されるタバコ
  • ホーム
  • ニコレット2週間と高齢者の使用について

ニコレット2週間と高齢者の使用について

禁煙表示

ニコレットはニコチン置換療法と呼ばれる禁煙補助剤です。
ニコチン置換療法と呼ばれている理由と言うのは、ニコレットはニコチン成分が含まれているため、煙草に含まれるニコチンと同等の喫煙作用を持ちます。
煙草を吸うと、体内にニコチンが取り込まれる事になり、これにより神経伝達物質の一種となるドーパミンを分泌することになります。
ドーパミンは快感物質でもあり、分泌が行われる事で煙草が美味しく感じられたり、満足感を得られるなどの作用に繋がります。
ニコレットは、禁煙をする時に生じる離脱症状を緩和させる作用が在るため、煙草を吸いたくなった時にガムタイプのニコレットを使用することで煙草を吸わない状態を維持出来るニコチン置換療法での禁煙補助剤になります。

尚、禁煙を開始して1日後には一酸化酸素が体内から消失し、2日目に入ると体内からニコチンが消失する事になります。
また、1週間後には睡眠が正常な状態になると言われています。

喫煙をすることで身体の様々な部分に悪影響を与えているわけですが、1週間後には睡眠が正常な状態になると言うのは、喫煙をすることで睡眠の質を下げてしまうと言う事でもあるわけです。
尚、ニコレットを使い始めて2週間経過した頃には煙草への欲求も下がることになりますが、ニコレットは煙草を吸いたくなった時に使用することが出来る禁煙補助剤と言う事からも、常に携帯をしておけば安心感も在ります。
因みに、ニコレットは高齢者や20歳未満の人の場合は、使用前にかかりつけの医師や歯科医師、薬剤師などに対して相談をすることが大切です。
特に高齢者などの場合はニコレットに含まれる成分と服用中の医薬品との相互作用が生じる事も在るため、事前に医師に相談することが大切です。

関連記事