ニコレットを活用して禁煙に挑みませんか?ニコレットは禁煙時のイライラを解消してニコチンを放出してくれます。正しく噛んで禁煙を成功させましょう!

手で潰されるタバコ
  • ホーム
  • ニコレットジェネリックの身体への影響は

ニコレットジェネリックの身体への影響は

禁煙補助剤として広く知られているものにニコレットがあります。
ガムタイプとなるために、禁煙中に喫煙がしたくなった場合などに噛みながら離脱症状を軽減し、少しずつ体内のニコチン濃度を下げていくことができるという効果を持っています。
禁煙がなかなかできないのには、ニコチンが欠乏することによる、イライラや、不安、眠さなどの身体的な依存と、仕事の効率アップな食後などの喫煙が生活習慣となる心理的な依存との2つの大きな理由がありますが、この場合には喫煙することで心臓や肺への悪影響を及ぼすことになります。
ニコレットは、ニコチンを有効成分として製造が行なわれており、ここでは、ニコチンの欠乏を喫煙とは別の方法で摂取することで少しずつ禁断症状を低減させ、最終的にはニコチンの摂取量を無くすること方法となっています。

二コレットにはジェネリック製品も販売されています。
ジェネリックということで、成分や副作用に関して身体への影響が心配となりますが、同じ成分で製造が行なわれているために安心して使用することができるようになっており、なおかつ、安く購入をすることができます。
異なる点としては、例えば、ニコレット4mgが1日に喫煙をする本数が20本以上の人向けとしているのに対し、ジェネリックでは同じ容量の場合に25本としていることがあり、使用方法や副作用、注意点に関しては、全く同様な内容となっています。

ジェネリックも含めてニコレットを使用する場合には、使用方法や副作用に関して理解をしておくことが大切なことになりますが、特に注意点に関しては十分に考慮をしておく必要があります。
まず、非喫煙者、既に他のニコチン製剤を使用している人、妊婦や妊娠をしていると思われる人は絶対に使用を避ける必要があります。
また、重い心臓病や急性期脳血管障害、うつ病、あごの関節に障害のある人、二コレットの成分に過敏症の人も同様になります。

関連記事